我が家の3匹の娘達Mダックスとトイプードル

ダックスフントとは

ダックスフント(Dachshund)は、ドイツ原産の犬種です。ドイツ語でアナグマを表す「ダックス」(Dachs)と、犬を表す「フント」(Hund)を合わせたものです。 つまりは「アナグマ犬」ということになり、ダックスフントがもっぱらアナグマ猟に用いられたことに由来しています。 なお、ドイツ語のフント(Hund)は英語のハウンド(hound)と同根語で、「猟犬」という意味を持っています。

日本ではペットとして非常に人気があり、多くのダックスフントが登録されていて、現在もジャパンケネルクラブ(JKC)登録頭数において、国内1位を誇る犬種です。

ダックスフントの容姿・特徴・性格

ダックスフントの最も特徴的なところは、胴長短足の容姿です。 胴長短足の人を例えるときにも、ダックスフントの名前が使われることもよくあります。 顔は面長で、尾は長く、耳は下に垂れる形をしています。 鼻孔が開いて空気を取り入れやすい形状になっていて、鼻(マズル)が長く鼻腔内の面積が広いため、猟犬として重要な嗅覚に優れています。 鼻の色は、黒が一般的ですが、毛色が茶色系の犬種は、レバー色のダックスフントもいます。 また、胸が十分に発達していて、骨端が突き出ているため、前から見ると楕円形をしています。 見た目は背が高くなく、足は短いく、体長は長いが、引き締まった体格です。 非常に筋肉質であり、向う気が強さと、警戒心に富んだ表情を見せます。 胴長短足だが、不具合はなく、モタモタや歩行制限はありません。

性格は、生まれつき友好的かつ落ち着きがあり辛抱強く、神経質・攻撃的な面はありません。 ただ、猟犬の素質を持っているため、攻撃的で負けず嫌いな性格をときどき見せることがあります。

毛質

毛質は大きく分けてスムースヘアード・ロングへアード・ワイヤーヘアードの3種類に分けられます。

スムースヘアード
毛質は堅く、短い。毛の流れは滑らかで光沢があり、密生しています。

ロングへアード
スムースペアードに似た毛色を持ち、毛質は柔らかく光沢があり、長いのが特徴です。 わずかにウェーブしていて、顎や胴の下の部分と比べると、耳の先端や前脚のうしろ側が特に長く、尾のうら側が最も長くなっています。 毛が多くて長いと、ダックスフントの特徴をかくすもので好ましくないと言われています。

ワイヤーヘアード
毛は顎・眉・耳以外は、密生した短い粗い剛毛が下毛とともに全身を覆っています。 顎にはひげがなければならず、眉は毛深く、耳はスムーズな短毛です。

毛色

ダックスフントには、非常に多くの毛色があり、毛質ごとに色が分かれています。

スムースヘアード
単色・2色・その他の色があります。
単色は「レッド」「シェイディッド・レッド(レッドの毛先がわずかに黒いもの)」「イエロー(クリーム)」「レディッシュ・イエロー」があります。
二色は「ブラック・タン」「チョコレート・タン」があります。
その他は「ダップル・カラー(斑)」「ブリンドル」などがあります。

ロングへアード
スムースヘアードと一緒です。

ワイヤーへアード
「ワイルド・ボアー・カラー(野猪色)」「ソルト・アンド・ペッパー(ごま塩色)」「パイボールド」などがあります。
最近は、ロングヘアードのパイボールドなど新しく作られた毛色もあります。 なお、異毛種間での交雑は認めらず、本来は血統書は発行されません。

サイズ

ダックスフントのサイズは、スタンダード・ミニチュア・カニンヘン(カニーンヘン、カニヘン)の3つに分かれていて、それぞれの国の協会ごとに、理想のサイズが決められています。 しかし、例えば血統書に「ミニチュア・カニンヘン」と記載されていても、骨格のつくりによって、協会の理想と異なる体型になることがあるので、個々の骨格にあった理想体型を把握して、栄養失調や痩せすぎや太りすぎ等に注意しながら健康を維持することが大事です。

ジャパンケネルクラブ
(スタンダード・)ダックスフンド:体重9〜12kg

ミニチュア・ダックスフンド:生後15ヶ月を経過した時点で測定し、体重5.0kg以下。胸囲35cmが理想

カニーンヘン・ダックスフンド:生後15ヶ月を経過した時点で測定し、胸囲30cm以下。体重3.2〜3.5kgを理想

ドイツテッケルクラブ
スタンダード:胸囲35cm以上 9kgまで

ミニチュア:胸囲(30・35)cm以内 (3・4)kgまで

カニンヘン:胸囲30cm以下 3kg以下

アメリカンケネルクラブ
スタンダード:(7.3・14.5)kg

ミニチュア:5kg以下

イギリスケネルクラブ
スタンダード:雄11.25kg(25ポンド)以下 雌10.35kg(23ポンド)以下

ミニチュア:雄雌とも5kg(11ポンド)以下

飼育上の注意

胴体が長いので、腰を主とした間接への負担が大きく、ヘルニアなどの関節疾患にかかりやすいとされています。 ジャンプ・高い所や階段の昇降・肥満等には注意が必要です。 また、滑りやすい床や路面に対しても配慮が必要である。

足が短く地面とお腹が近いため、晴天日のアスファルトなど地面が熱い時の散歩は熱中症になりやすいです。 朝や夕方などの地面の冷たい時間帯に散歩をするようにして、散歩後にはたっぷりと水分補給をしてあげましょう。 特に、妊娠中や子犬は、ますます地面とお腹が近いので気をつけましょう。

小型化や肥満防止のために十分な量の餌を与えられない結果、栄養失調やカルシウム不足等になるケースも増えています。 安易にゴハンを制限したり、無理なダイエットはせずに、獣医師に相談するなど、専門家の元で体型を維持していくことが望まれます。

素人や勉強不足なブリーダーによる繁殖も問題になっています。 ダックスフントは、は毛色の掛け合わせによって諸疾患を引き起こすことがあると知られていますが、ペットブームによる乱繁殖に伴い、父母の毛色はもちろん先祖の毛色(遺伝子)を調べることも重要です。無知が引き起こした掛け合わせによって、てんかんや股関節形成不全等の遺伝性疾患を受け継いだり、障害を持ち生まれてくる場合もあります。 また、飼い主の事情で保健所に持ち込まれるという問題もあるため「素人の繁殖はダメ」という考えが広まっています。 また、動物愛護法の改正により、登録の無い者は有償での犬の譲渡ができません。

プードルとは

プードルは犬種の一種です。 大きさによってFCIの基準でトイ・ミニチュア・ミディアム・スタンダードの4種類に分類されていて、日本で最も人気が高いのは、4種類の中で体型が最も小さいトイ・プードルです。

プードルの歴史

プードルの起源については不明な部分が多いのですが、フランスで人気があったことからフランス原産とされています。 プードルは、見た目からは想像できなく泳ぎが得意で、ともとは鴨猟の回収犬として広く用いられていました。 その後、フランスやイギリスなどで小型化を重ねた結果、ミニチュアプードルやトイプードルが生まれて、愛玩犬となりました。

特性

犬のトリミング基礎技術は、プードルが基準になっています。 プードルのスタイルは、泳ぐために適するように毛が刈り込まれています。 冷たい水温から心臓を保護するために胸部の毛を残し、他の部位は水の抵抗を受けにくいようにカットされています。 このスタイルが次第にファッション化されながらトリミング技術の基礎となっていきました。 ドッグショーでよく見られるカットですが、一般家庭では全体的に均一の長さにカットするテディベアを模したカットがかわいらしいと人気があります。

近頃は、トイ・プードルをさらに小型化した「ティーカップサイズ」も生まれています。

性格は明朗・活発・賢明でしつけをしやすい反面、甘えん坊で神経質な面ももっています。 毛色によって気の強さが違うと言われていて、アプリコット、黒(グレー)、白の順に気が強いとされています。 室内犬として飼われることが多く、その理由として毛が抜け落ちにくいことと体臭が少ないことがあげられます。