初めて犬を買うときのペットショップの選び方

初めて犬を買うときのペットショップの選び方

初めて犬を買うときのペットショップの選び方

いいショップとお付き合いしたい!

仔犬には、値段があって無いようなもの。しかし、高いお金を支払うことは事実です。どうせ高いお金を払うのなら、良質なショップとお付き合いしたいですよね。ここでは、そんなショップを見分ける方法をお知らせします。

愛情を持っていますか?

とにかく、ここだけでも見極めが十分と言っていいほど大事なのが、愛情です。本当に犬を大事にしているショップは、仔犬はもちろん母犬も大事にして愛情を注いでいるはず。愛情を注いでいれば、健康でいい性格のワンちゃんに育ちます。犬に関する知識よりも何よりも、愛情が一番大事です。

知識のチェック

見て聞いて、愛情を感じられないようなら知識をチェックしましょう。次の3つがしっかりできていれば、健康でいい性格の犬に育つ確率が高くなります。

チェック1「環境」

どこから来た仔犬なのか、チェックします。ブローカー(卸業者)から競りで連れてこられた仔犬は、早い時期に母親から離され、ワクチン接種もないがしろにされている可能性大。情緒面・健康面で不安がありますので、購入を控えます。「自家繁殖」なら良くも悪くもありません。「ブリーダー直送」なら合格です。

ポイントは、自家繁殖なのか、ブリーダーとショップが直でつながっているかです。ショップとの間にワンクッションを置いているようなら失格です。自家繁殖なら、できれば母犬と会ってみたいですね。

チェック2「母犬から離す時期」

自家繁殖、ブリーダー直送のどちらにしても、生後42日以前にペットショップにきている仔犬は、母犬から離された時期が適切ではないのでアウト。感染症のリスクも高まります。42日過ぎならOKです。

チェック3「ワクチン接種」

1回目のワクチンを打った日を聞きましょう。42日以前ならダメですし、60日以降でもダメです。生後42〜60日でワクチンを接種したことを確認してください。どこの動物病院でワクチンを打ったかまで答えられるペットショップならいいですよ。

ペットショップは、業務の効率化のために一度にたくさんの仔犬にワクチンを打ちますから、厳密に42日などという回答は得られにくいです。そう考えると、42〜60日で個別にワクチン接種していますと答えられるペットショップは、ワクチンの重要性を理解し、仔犬に対する思いやりを持っていると考えてもいいでしょう。

上記3点に合致していましたか?

この3点に合格していれば、優良ブリーダー・優良ショップです。感染症のリスクは低く、性格のいい犬に育つ確率が高くなります。信頼の置ける、いいブリーダー&ショップ探しの参考にしてくださいね。

犬デビュー.com ブリーダー・ショップ選びメニュー

ブリーダーショップ