犬を室内で飼うときのお部屋作り

犬を室内で飼うときのお部屋作り

犬を室内で飼うときのお部屋作り

犬も飼い主も快適に過ごせる環境づくりが、室内犬のお部屋づくりです。ワンちゃんが自由に過ごせるスペースを用意してあげることが大切です。

まずはスペースを用意しましょう

室内で飼うなら、家族と同じくスペースを用意してあげましょう。犬用出入り口のついた専用の部屋でもいいですし、リビングの一角に一緒に過ごせるスペースでもOKです。もちろん、スペースを区切らない放し飼いでも大丈夫です。

スペースを区切るときは、サークルで囲ったりします。サークル内にはトイレを置いたりちょっとした運動スペースも設けてあげます。場合によっては犬舎を置くこともあるので、広めのものを用意してあげるといいですよ。

なお、出入りの多いドアの近くは避けましょう。そわそわしてしまって落ち着けませんよ。

犬舎は必要?

犬舎

室内で飼う場合、犬舎は必要ありませんが、できればあった方がいいです。特に昼夜の温度差がある場所で飼うなら用意してあげた方がいいでしょう。大きさは、室外用と違って、寝る分のスペースがあれば十分です。

トイレ

犬のトイレ

サークルを使うなら、トイレはサークル内に置きます。放し飼いならどこでもいいのですが、主に「お掃除しやすい洗面所・風呂場などの水回り付近」「ワンちゃんが安心できる人目の届く場所」「廊下などの目立たない場所」に分かれるようです。目立たない場所に置いてしまうと、ワンちゃんが「トイレ=悪いこと」というイメージを持つことがあるので、できれば避けた方がいいでしょう。トイレの場所は、とても重要ですよ。

床面は、カーペットが一番。フローリングは滑りやすいので、犬は苦手なんです。畳は、爪で傷つきますので、張り替えが大変ですね。カーペットなら、滑らないし傷つきません。それに、足腰を傷めにくいんですよ。爪をひっかけないように、毛足の短いカーペットを敷いてあげてくださいね。

周りの環境

まず、ワンちゃんも赤ちゃんと同じく誤飲事故を起こします。飲み込めそうな大きさのものは、近くに置かないように気をつけましょう。電気コードをかじることもありますから、家具の後ろに隠したりカバーをかぶせるなどの工夫が必要になります。

年老いてくると、人間と同じく段差でつまづききやすくなります。バリアフリーなら、過ごしやすいでしょうね。また、加齢とともに体温の調節機能も衰えますから、温度差が少ない環境づくりをしてあげるのも大事です。

犬デビュー.com 犬の生活メニュー

室内で飼うときのお部屋室外で飼うときのスペース食事お散歩お手入れ