犬のペット保険

犬のペット保険

犬のペット保険

ペット保険とは?

ペット保険とは、私たちが加入している生命保険や医療保険のペット用の保障。犬だって病気や怪我をします。そんなとき、病院に行くとお金がかかりますよね。大事なワンちゃんが病院にかかったとき、あなたのお財布を助けてくれるのが、ペット保険です。

ところで、ワンちゃんが病気や怪我で動物病院のお世話になると、どれくらいお金がかかるかご存知ですか?主なものをご紹介しますので、ご一緒に見てみましょう。

動物病院の料金
診療内容 金額の目安
入院料(小・中型犬) 1日3,000〜10,000円
入院料(大型犬) 1日4,000〜10,000円
歯石除去 1回5,000円〜
全身麻酔 約10,000円
帝王切開 約35,000円
骨折手術 約40,000円
不妊手術(雄) 約15,000円
不妊手術(雌) 約25,000円
ガン摘出 約30,000円

ご覧になってのとおり、意外と負担が多いですよね。実は、年間の医療費の平均は24万8千円もするんです。

犬は、6歳を過ぎたころから病気が増えてくると言われていて、8歳を過ぎるとガンや白内障、認知症にかかることが多くなります。怪我は、生まれてからずっと怪我をする危険性があります。

ペットには健康保険が無い

私たちは、健康保険という社会保障があるので、医療費の自己負担分は最大3割です。しかし、ワンちゃんには健康保険(社会保障)がないので、医療費は全額実費になるんですね。これでは、何かあったとき大変。そのための、ペット保険なんです。

犬、猫ともに、家族同様の生活をすることも珍しくありません。大事な家族の一員ですから、保険に入るのは当たり前のことなのです。ワンちゃんが怪我して、お金が無いからといってそのままにすることはできませんよね。いざというときのために、ペット保険は欠かせませんよ。

ペット保険のココをチェック

保障タイプ

病気や怪我の症状ごとに金額が設定されている「定額保障型」、かかった治療費の一定割合を補償する「定率保障型」、給付限度額の範囲内でかかった治療費を保障する「実額保障型」があります。全てにメリットとデメリットがあるので、数社のパンフレットをよく見比べてから決めることが大事です。

補償の内容

通院・入院・手術があります。多く使うのが通院で、万が一の時に使うのが入院と手術ですので、通院に手厚い補償があると実用性が高いです。ほかにも、ガン保障、後遺障害保障、葬祭費なども保障されます。ご希望のプランに必要な保障があるかどうか、特約は必要かどうかしっかりチェックです。

保障の限度数

年間の回数や日数に上限があるのが一般的です。保障金額と一緒に、何回(何日)まで保険金の請求ができるかチェックしましょう。

保険金の請求方法

一般の保険のように、治療後に領収書に送付して保険金を受け取る方式と、動物病院窓口で保険給付額を差し引いた分だけ支払う方式と2種類があります。もちろん、後者の方が手続きが楽ですよ。

割引制度

ペット保険には、複数のワンちゃんが保険に加入したときに適用される「多頭割」、保健期間が切れて継続したときに適用される「継続割引」などのお得な割引制度もあります。ご自身やワンちゃんのライフプランに合わせた保険に加入すれば、みんな嬉しいですね。

知っておきたい2種類のペット保険

ペット保険の保険金は「動物病院が請求するタイプ」と「自分で請求するタイプ」の2種類があります。動物病院がするタイプは、私たちの健康保険と同じように負担割合分だけ払えばOK。自分でするタイプは、最初に全額を払って後から保険金が振り込まれるスタイルです。自分でするタイプが多くを占めています。

なぜならば、提携病院だけしか使えない「病院請求タイプ」に対して、どこの動物病院で診療しても保険金がおりる「自分請求タイプ」の方が使い勝手がずっと良いから。

領収書を送る手間がありますが、どこの動物病院でも使えるのはメリット大きいです!
なので、選ぶなら「自分請求タイプ」の動物病院がオススメです。

オススメのペット保険はドレ?

わんちゃんも大事な家族の一員ですから、しっかりとした保険に加入させたいと思う反面、コストはできるだけかけたくないという気持ちがありますよね。

私たち「人」向け保険だって、安くて充実した保証を!という商品が人気です。では、そういったペット保険があるかといえば、あるんです。FPCのペット保険

オリコンランキングで上位

ペット保険の小型犬部門で2年連続1位になりました(2013・2014)

最安クラスの保険料

4歳犬までは月額1,590円、5〜10歳で2,390円です。

すべての動物病院OK

全国どこの動物病院で診てもらっても、保険金がもらえます。

通院1日12,500円(年間限度日数30日間)
12,500円×30日=375,000円まで保険金がおりるのですが、これはペット保険の中でもトップクラスの高さ。多くの保険は20〜30万円なので、頭1つ飛び出ています。

入院1回125,000円(年間限度回数3回)
125,000円×3回=375,000円は、これもまたトップクラス。

年間最高保証額85万円
多くの保険は60〜70万円台なので、トップレベルの金額です。

犬デビュー.com 病気から守ろうメニュー

主な病気ワクチンペット保険