犬の病気

犬の病気

犬の病気

かかりやすい病気・気をつけたい犬の病気をご紹介します。

犬フィラリア症

蚊によって、フィラリア(犬心臓糸状虫)が肺動脈や心臓に寄生して起こり、咳や呼吸が苦しくなったり、お腹に水がたまり、死に至る危険性のある病気です。フィラリアは長さ10〜30センチにもなり、肺動脈や心臓でミクロフィラリアを産んで増えていきます。感染してからはじめの6か月は無症状のため見逃しやすい病気ですが、お腹に水がたまる症状が出ると手遅れになりかねません。咳・運動を嫌がる・食べても体重が減るなどの症状が出たらフィラリアを疑ってみましょう。

フィラリアになったら、薬で死滅させますが、場合によっては外科手術を伴います。

フィラリアの予防は、蚊に刺されないようにすることです。蚊が発生する時期は、月に1度の飲み薬で予防することが一般的です。

外耳炎

外耳道に溜まった垢で細菌が繁殖して外耳炎が起こります。症状は、かゆみと赤い腫れが起こります。後ろ足で耳をかくようになったら要チェックです。

外耳炎は、耳を掃除してクリームなどを塗って治しますが、慢性化・再発しやすい病気なので、根気強く治療を続けることが大事です。

垂れ耳の犬は外耳炎になりやすいので、普段からチェックしてあげるようにしてください。なお、頻繁に耳の掃除をすると、炎症しやすいのでほどほどにどうぞ。

結膜炎

細菌やアレルギーなどによって起こる結膜炎。まぶたの周りがかゆくなったり腫れることもあります。涙目になって眼の周りが濡れたり、目ヤニが多くなったりしていたら結膜炎の可能性があります。

結膜炎になったら、病院で軟膏などを処方してもらい対処します。もし、まつ毛の刺激が原因なら、まつ毛を抜いて様子を見ることもあります。

予防法は、普段から目をチェックして早期発見に努めることが最善の予防策です。

歯周病

食べカスが口腔内に残り、細菌が繁殖することで起こります。歯周病になると、歯茎が腫れたり出血し、進行すると歯が抜け落ちてしまいます。

予防法としては、歯磨きをこまめにしてあげるなど、いつでも歯をキレイに保つことです。食べカスが歯石になって歯周病を起こすこともあります。歯石は動物病院で除去してもらいましょう。

狂犬病

狂犬病ウイルスによって中枢神経が侵されて凶暴化し、数日で全身の筋肉が麻痺して死に至る病気です。日本での発症例は昭和32年以降ありませんが、欧米ではまだまだ多くの狂犬病にかかる犬がいます。

狂犬病が発症した場合の死亡率はほぼ100%。しかも、他の動物や人間にも感染する性質があるので、狂犬病が発症したら隔離するか安楽死させるかのどちらかしかありません。

日本では、年1回の狂犬病の予防接種が義務付けられています。自治体や保健所から連絡があるので、設定された会場で必ず受けてください。動物病院で受けることもできます。なお、自治体が指定した場所で接種しても、動物病院で接種しても実費負担となります。

チョコレート中毒

チョコレートは、犬が食べてはいけないものの一つです。チョコレートに含まれるテオブロミンが原因となる中毒症状です。チョコレート40グラムに致死量のテオブロミンが含まれていますので、犬の口が届くところにチョコレートは置かないようにしてください。もし、食べた場合は、点滴や胃の洗浄を行います。

熱中症

犬は、温度差に弱く、温度管理が上手にできない動物です。暑い日差しをずっと受けていると体温が上昇したまま下がらなくなり、死亡することもあります。呼吸が激しくなり、ヨダレがダラダラしているなら、熱中症かもしれません。すぐに涼しくて風通しのいい場所に移したり、水をかけて体温を下げてください。暑い日は、ワンちゃんから目が離せません。

犬デビュー.com 病気から守ろうメニュー

主な病気ワクチンペット保険