犬のワクチン接種

犬のワクチン接種

犬のワクチン接種

どうしてワクチンを打つの?

ワクチン接種

人の赤ちゃんも子犬も同じく、いろいろな恐ろしい病気(伝染病)の驚異にさらされています。人間の赤ちゃんも、生まれてから何種類もワクチンを打つのと同じく、大事な子犬を守るためにはワクチンの接種が必要です。

ただし、接種は義務ではないので飼い主のあなた次第ですが、ワクチン接種は生死にかかわるものとお考えください。家族の一員としてワンちゃんを迎えるなら、ワクチンを接種させてあげてくださいね。

どんなワクチンを打つの?

ワクチンには何種類もありますが、「5種混合」を基本と考えましょう。5種とは、

  • ジステンパーウイルス感染症
  • アデノウイルス I 型感染症(犬伝染性肝炎)
  • アデノウイルス II 型感染症
  • パラインフルエンザ感染症
  • パルボウイルス感染症

の5種類の感染症から体を守るワクチンです。

これに、「コロナウイルス」を追加すると「6種混合」になり、3種類ある「レプトスピラ感染症」用のワクチンを選んでプラスすることで7種〜9種混合ワクチンになります。もちろん、コロナを除いてレプトスピラを追加したものもあります。

レプトスピラは、ネズミなどから感染するので、外で飼ったり外出する回数が多い犬は接種したほうがいいでしょう。室内犬なら、必要性を十分に考えて接種するかしないかを決めます。

接種の時期と回数

接種の時期と回数は、コレといったものがありません。本の内容・獣医師・ペットショップそれぞれで見解が異なっていますし、仔犬の生活環境によっても変わってきます。主な説は、次のとおりです。

  • 母体の抗体が切れる生後42日後に1回目を行うことが望ましい。
  • 生後6〜8週間ごろに1回目。以後、3〜4週間間隔で2回目と3回目を打つ。
  • 生後6週目に1回目、生後9週目に2回目、生後12〜14週目に3回目。
  • 生後50日後と90日後に実施。
  • 生後60日後と90日後に実施。

これらをまとめると、1回目は生後42日〜60日後、2回目は63日後〜90日後。3回目は84日後〜112日後ということになります。多くの獣医師は3回を推奨しています。

ちなみに、これは生まれて1年目の場合です。ワクチンの効力は徐々に弱くなるので、効力をアップさせる(ブースト効果)ためにも、継続的にワクチンを打ちましょう。目安は、2年目1回、その後は3年に1回です。

以前は、2年目以降は毎年1回接種するのが常識でしたが、ワクチンの過剰摂取により障害や病気になるワンちゃんもいるため、毎年の摂取を控える獣医師も増えています。ただし、抗体ができていないときは抗体ができるまで毎年接種します。接種後は抗体検査をしてから追加接種のペースを決めてくださいね。

ワクチンはどこで打ってくれるの?

ワクチンは、動物病院で打ってもらえます。お近くの動物病院へ事前に予約してから出かけましょう。接種後、具合が悪くなる仔犬もいますので、できれば午前中に接種して様子を見るのがいいですよ。夕方に接種して具合が悪くなったら、動物病院の診療時間が終わっていることもありますから、早い時間に行くのがベストです。ワクチンを接種した日は、激しい運動は控えさせてくださいね。

ワクチンの値段は?

ワクチンの値段には定価がありませんから、動物病院によって値段が違います。ある病院では5000円以上だったものが、別の病院では3000円ということはよくあります。これは、獣医師会に所属しているかどうかの違いもあるとされています。所属していれば、どこの動物病院でも同じくらいの金額+地域差で接種できます。

さて、ワクチンのおおよその値段ですが、5種で5,000〜6,000円、9種で7,000〜8,000円くらいを目安にしておきましょう。これに地域差によって高くなったり安くなったりします。

犬デビュー.com 病気から守ろうメニュー

主な病気ワクチンペット保険