犬のしつけ「おすわり」編

犬のしつけ「おすわり」

犬のしつけ「おすわり」編

生後3か月を過ぎたころから、トイレ以外の基本的なしつけがスタートします。おすわりをしつけるのは、生後3か月過ぎた頃からになります。

かける言葉

おすわりのときにかける言葉は、人それぞれ。「おすわり」「座れ」「シット(sit)」などがありますが、何種類もあると犬は混乱しますから、家族で一つの言葉に統一してくださいね。

しつけの方法

「おすわり」などの声をかけながら、犬の腰を軽く押してみましょう。座ったら「おすわり」と声を掛け、褒めながらエサをあげます。エサを持ち、犬の頭の上で動かす方法もあります。エサを見上げようとして座る姿勢を取るので、座ったら「おすわり」と声をかけてエサをプレゼントしましょう。

何度も繰り返すうちに、自然と「おすわり」の掛声に応じておすわりできるようになりますよ。「おすわり」と声をかけても座らないときは、腰を押して座らせます。言うことはちゃんと聞かせるスタンスでしつけをしましょう。

犬デビュー.com しつけメニュー

しつけを始める前にトイレおすわりまて来い(おいで)おあずけ伏せ